昔からある中古自動車雑誌

どうも、タツノリです。パッとしないお天気で、柏は今日も寒かったです。テレビで天気予報を見ていたら、フジテレビの木村拓也というアナウンサーがそろそろ花粉が飛び始めると言っていました。木村拓也アナはいつも人力車の格好をしていますね。人力車とか、意味がよく分かりませんね。それはさておき、本題に入りましょう。最近になって、車の買い替えを検討していて、次に買う車は中古車でもいいかなと考えています。やはり、新車は割高感がありますよね。程度の良い中古車なら、新車で買うのと変らないと思っています。というわけで、欲しい中古車を探すのにネットを見るのもいいですが、ここは中古車雑誌がいいかなと思いました。紙媒体は見やすいのがメリットです。

中古車雑誌は、カーセンサーやグーが有名ですね。昔から、コンビニで売っている中古車雑誌です。インターネットが普及したいまでも、売っているのです。てっきり廃刊になっているかと思いました。アマゾンで、カーセンサーとグーを検索したら、まだ売っていました。最近は、コンビニで雑誌を買うこともなくなりましたからね。もちろん、カーセンサーとグーにはサイト版もあるので、PCやスマホからでも、中古車情報が閲覧できます。いつでもどこでも見れるのは便利ですよね。ただ、雑誌のほうが見やすいというのがあります。ペラペラとページをめくり、気になった車は目にとまりますからね。ネットだと、このペラペラができません。そのため、インターネットが普及しても紙媒体の中古自動車雑誌がなくならないのでしょうね。ネットがすべてではないですよ、やっぱり。